全てのものは神様のもの

この世にあるすべてのものは神様のもの。

誰かのひらめきによってできたものも、それは、
神様のもの。

その考えが腑に落ちてくると、
自分がいかに豊かかがわかってくる。

この世にあるものはすべて神様のもので、
自分にはないと思っているものすらも、
自分にもあると思えるようになってくる。

そして、モノだけでなく、人も、
全ての人は神の子であって、

私の子供であっても、その子は神の子。

私も神の子で、
私の周りにいる人すべてが、
神の子。


一つ一つにそう感じていると、

誰かや何かに文句を言うってことは、
神様に文句を言っているのと同じだなって、

全て自分の我から生まれてくるのだな、

ということが、よくわかる。


それはもちろん、
自分自身にもそうで、

自分に文句を言うことも、
神様に文句を言っているのと同じだなって。

目の前の人や周りの人、
自分にある物や自分にない物、
お金、


自分 対 人や物、

というのではなく、

自分も周りの人も物も、すべては、一つで、

神様の作ったものであり、
神様のものであるんだと、

そう思うとさらに、
心の平安が訪れて、

穏やかに、今に感謝して、
全てに感謝して生きよう、

とそう思えます。

そして、お金や物、そして人、

今自分にないとしても、
それは既に存在し、

自分はそれを持っているのだとも、
思えます。

悟りとは、差を取る事。
そして豊かとはこういう思いから、
来るのでしょうね。


※神様っていっても、
私もまるかんも宗教とは全く無関係です。
この世のすべてを作った創造主を、
神様と呼んでいるだけです。


関連記事

  1. あなたという神様を喜ばせたら金運がよくなる

  2. 人生が急上昇する寺子屋お茶会

  3. 本当のスピリチャルとは

  4. 聞いてるだけで自由に生きて愛される波動になる話

  5. この世で一番楽しいことは

  6. あなたの楽しいが何より重要

  7. これからは顔晴れの時代

  8. あなたはあなたを愛してもいい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。