悪徳裁判官にサヨナラする方法

私たちは魂の成長のためにこの地球に生まれてきます。

そして魂の成長のために、
劣等感というものをもってこの地球にやってきて、
その劣等感を克服することで、
魂が成長するのですけど。

真面目に、劣等感を見つけては克服して克服してやってきたけれど、
一向に終わりが見えない、
自分の中には変わらず、
自分を責める悪徳裁判官がいる、

そんな人結構いるのかもしれない。

劣等感の克服って、
できなかったことをできるようになるとか、
できなかった自分をとことん許すとか、

そんなことではないんだよね。
それだと、しつこい悪徳裁判官は、
まだまだあなたを責め続ける。


本当の克服とは、

「そもそも劣等感なんて、持つ必要なかったじゃん!
親が自分の劣等感植え付けただけじゃん。
私はそもそも責められるようなことは何一つしてないし、

悪徳裁判官???
ふざけんじゃねーよ、
今すぐ出てけこのヤロ~」


これが本当です。

許すも許さないも、
そもそも悪いことしてないんだよ。
ここに気づくことが大事。


劣等感を掘りまくっていくら癒しても、
きりがないしいつまでも終わらない。


もう何も掘らなくてもいいの。
だってそもそも、

何も悪いことしてないんだから。

責めた親が未熟だった、
ただそれだけなんだよ。


どんな環境に生まれようとも、
騙されちゃいけない。

人は未熟なんだってこと。
自分も未熟だけど、
親も未熟。

未熟がゆえに、
間違ったことで人を責めることがあるんだってこと。


それを見抜いておくと、
人から何を言われようとも平気だよ。
たとえ相手が親であろうと、
自分より偉い人であろうと。


そして同時に、私たちには、
神様からもらった分け御霊、

愛と光があるのだから、

それでもみんなが神なんだ、

そう思っていたら、
未熟な自分も他人も許せて、
誰かを責めたり自分を責めたりする必要はなくなる。


ただ、そのままの自分を受け止め、
そのままの自分を磨くことだけでいい。


劣等感なんて、
最初から誰も、持つ必要なんてなかった。

それがわかった時、
あなたの生きる次元が変わる。

関連記事

  1. 人は鏡の本当の意味

  2. 癒しの扉が開く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。